ノギス買取

ノギス買取 ならおまかせください。
ノギスと言うのは、製品の寸法測定には欠かせない存在であり、製造業の分野においては必須の道具です。
製品を作る上での試作では、図面通りに部品が作られているのかと言った検証を行う必要が有ります。

2つのネジ穴の中心の距離が図面通りで有るか否かを確認する時にも利用出来ます。
ネジ穴の距離が図面通りになっていないと、組み付けを行った時に相手の部品に取り付けることが出来ないと言った事態を招いてしまい、製品の品質が問われることになります。

試作の段階で寸法を測定しておけば、例え図面通りになっていなくても再度作り直すことが出来るわけです。
しかし、製造段階でこのような状態になってしまえば取引先の会社に対しての迷惑をかけてしまう事も在るなど製品の品質管理はとても重要な工程と言えます。

このような品質管理に欠かせないのがノギスという事なのです。

不要になった測定器具の買取をしているお店は多く在りますが、弊社においてはノギス買取などの計測器の高価買取させていただきます。
ノギスは、デジタル式とアナログ式の2つのタイプが在りますが、どちらのタイプも製品の品質管理には欠かせない存在です。

そのため中古品としての需要も多く在るなどの理由からも、弊社においては高価買取させていただきます。

尚、ノギスなどの計測器と言うのはISOの観点において定期的な校正が必要となるのですが、校正をこれからと言った場合でも査定を行った上で高価買取させていただきます。

不要なものを会社の中に置いたままにしておいても役に立ちませんが、買取を利用する事で現金化が出来ますし、新しい持ち主の下へと製品を提供することが出来ます。

弊社では買取を行うと同時に、使わなくなった測定器具の新しい持ち主を探しだし、測定器具の橋渡しを売る役割も在ります。

また、先ほどもご紹介したように、測定器具はISOにおいては定期的な校正を行う事が義務付けられており、使わない測定器具でも会社の中で資産登録が行われていれば校正は必要になります。
厳しい審査を受けてISOを取得しても、定期的な校正がなされていないと言う事が判明すればISOの取得にも問題が生じてしまうケースが有ります。

そのため、校正は必要な工程でもあるわけです。
しかし、校正はお金がかかるものであり、会社の中での経費で賄われることになります。
使っている測定器具であればお金を出して校正を受け、適正な数値で測定が出来る検証を行う意味も在りますが、使わなくなった測定器具の校正を行うのは経費の無駄にも繋がります。

また、使わない状態でそのままにしておけば、測定器具の精度にも影響を及ぼす事になりかねません。
それ故に、使わなくなった測定器具、ノギスと言ったものが有る場合は弊社が査定を行った上で高価買取させていただきます。

尚、測定器具は電気や機械などの分野において必要となるものであり、物づくりを行う企業の中では必ず利用している道具でもあるのです。
国内には膨大な量の企業が在り、新品だけではなく中古品を利用する企業も在ります。
そのため、中古品の市場においても活性化が行われており、ニーズに合った商品を取りそろえたい会社も多く在るのです。

弊社においてもその会社の内の1つになるのですが、こんな測定器具が欲しい、昔ながらのアナログタイプが無いだろうかと言ったお問い合わせも数多く受け付けており、顧客のニーズに合う商品を提供できるよう日夜営業を行っている次第です。

もし、使わなくなったノギスが有る場合は、弊社にご相談戴ければ査定見積もりをさせていただいた上で買取りに応じさせていただきます。
ノギス買取についてお問い合わせをいただく場合は製品番号や付属品の有無などについてお知らせ戴ければその場でおおよその買取り価格のご提示が出来ます。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ