真空ポンプ買取

真空ポンプ買取 なら、当社までご連絡ください。
自宅に不要になった真空ポンプはありませんか?真空ポンプのような大型機器は、使い物にならなくなるとどう処分して良いのか困るものです。また、現在はリサイクル法によって処分にもお金がかかる場合もあり、捨てるに捨てられない状況が多くの家庭で発生しています。
こうした状況の中、最近では真空ポンプのような業務用機器などをはじめとする、大型機械の不用品を専門に無料回収する業者や回収場などが増えてきています。
これら回収業者や回収場では無料で回収してくれ、とても良いように感じますが、どうせ回収してもらうなら買取回収してくれる業者がいると良いのではないでしょうか。
私どもは、これら業務用機器などを回収する業者ですが、他の業者とは違い高価買取させていただきます。私どもでは買取は年中無休で受け付けており、また査定も無料で行っております。
そもそも真空ポンプとは、容器内から気体を排出して真空を得るために使用されるポンプで、身近で使用されているのは、エアコンを自宅などに設置する際に真空引きの作業などで使用します。
真空ポンプ買取の際には、お客様からご連絡を頂いた際に、お持ちの真空ポンプの詳しい情報をお聞きしてから高価買取させていただきます。ご連絡にて詳しい情報を頂いた後、私どもで無料査定と見積もりをいたします。
真空ポンプ買取の場合にお伝え頂きたい内容としましては、取扱説明書やハードケース、オイルミスとフィルタなどの付属品、オイルエレメント、オイルリターンキット、振動アイソレータなどのオプションの有無などを伺います。また、査定するポンプが中古品である場合には、メーカー名や型式、使用回数などもお知らせください。
全てでなくても、保管してある附属品をお付けしていただければ、その分をプラスして高価買取させていただきます。
真空ポンプ買取前に事前に確認し、仮査定時に私どもにお伝え頂きたいことは、「新品が中古であるか」、新品である場合には「付属品(取扱説明書・ハードケース・オイルミストフィルタ)が全て揃っているか」、「オプション品(オイルミストフィルタ・オイルエレメント・ボディシール・オイルリターンキット・振動アイソレータ・予備オイル)」などもありましたら、一緒にお知らせくださいませ。
なお、破損や汚れがひどいもの、動作不能なものに関しましては一部お断りをする場合もございますが、全てお断りをするわけではありませんのでお客様ご自身で判断されるのではなく、一度私どもにご相談ください。無理だと思ったものが意外と高額査定されることもあります。
真空ポンプ買取前に清掃をしていただく場合の注意点として、1.ポンプの外装を掃除する際には中性洗剤を含ませた布を固く絞り、優しくきれいに汚れを拭き取ってください。2.オイルなどが付着している場合にも同様に、中性洗剤できれいに拭き取ってからお出しください。3.スイッチや持ち手の部分には特に手垢などの使用感が出やすい部分でもありますので、丁寧に拭いてください。4.掃除の際には一緒にオイル量や真空の度合いをチェックして、オイルが汚れていたり劣化している場合には、交換しておいていただきますと査定額もアップすることもあります。5.掃除が完了したら、ガスバルブや吸気口のキャップ、注油口ののリング部分にポンプオイルを塗布してください。またリングに不具合がある場合には交換してください。
これら5つのことをお願いいたします。これらの事前準備をして頂くのと頂かないのでは、査定額に差が付いてくることが多いです。
無料真空ポンプ買取業者が多い中、少しでもお客様に貢献いたしたく高価買い取りをさせていただいております。
自宅で不要となった真空ポンプが眠っていましたら、一度お気軽にご連絡くださいませ。

WEB査定フォーム

このページの先頭へ